出産後の働き方も考えておこう

介護士は育児との両立がしやすい仕事ですが、出産後の働き方は妊娠中から考えておきましょう。復帰するタイミングは、さまざまな可能性を考えて慎重に判断しましょう。復帰があまりに早すぎると、子どもの体調不良が多く出勤が不安定になることもあります。仕事と育児をうまく両立させるためには、家族や職場との綿密なコミュニケーションが欠かせません。自分の時間を作れるような状況をあらかじめ整えておくと、疲れた時にうまく息抜きができます。

出産後の働き方も考えておこう
  • 復職するタイミングはいつ?

    続きを読む
    復職するタイミングはいつ?

    介護士が産休後に復帰するタイミングは、妊娠中に考えておくことをおすすめします。保育園に入園すると子どもは頻繁に発熱します。保育園からの呼び出しがかかる日が増えることを前提に考えておきましょう。職場の状況が許すなら子どもが満3歳までの期間は時短勤務にしてもらい、状況が安定するのを待つ方法もあります。

  • 仕事と育児を両立させるポイント

    続きを読む
    仕事と育児を両立させるポイント

    介護士の仕事と育児の両立については、妊娠中から家族や職場とよく話し合っておくことが大切です。家族の助けだけでは足りない場合には、育児サービスや自治体の支援制度を活用しましょう。自分の時間を作れるような環境を整えておくことで、仕事と育児の両立に疲れきってしまう前に十分な休息を取ることが可能となります。

妊娠したときの働き方を知りたい人へ

  • 妊婦さんでも勤務できる? 妊婦さんでも勤務できる?
    介護士は妊娠しても勤務を続けることができる

    介護士として働いている人には女性が多く、妊娠・出産と仕事をどのように両立するかが悩みの種になります。妊娠中でも介護士の仕事を続けることは可能ですが、移乗や入浴の介助、夜勤など身体的負担が大きい業務は外してもらう必要があります。妊娠が医師の診断によって確定したら、遅くなりすぎないタイミングで職場の直属の上司に報告し、同僚への報告のタイミングや産前産後の配慮のお願いなど、今後のことについて相談しましょう。

    この記事の続きを読む
介護士が妊娠したらいつまで働ける?

妊娠しても介護士の仕事を続けるために、知っておくと役に立つことを紹介するサイトです。【お問い合わせ用メールフォーム】