ストレスは適度に発散することが大切

ポイントは早めの発散!

妊娠中の仕事のストレス

妊娠している介護士にとって、通勤や仕事は普段以上のストレスを感じる時間です。お腹が大きくなるにつれて身動きが取りづらくなり、人前に出るだけでもストレスに感じることがあります。妊娠していない時ならストレスに感じないようなことが、耐え難い大きなストレスとなってしまうこともあります。

ストレスが胎児に与える影響

ストレスが妊婦にとって大敵とはいえ、どんな些細なストレスも悪影響と考える必要はありません。日常生活で感じる一時的なストレスは、あまり気にせずにやり過ごしましょう。問題なのは、慢性的なストレス状態や突然大きなショックを受けることです。ストレスは血管を収縮させてしまう作用を持つため、血液から栄養を受け取っている胎児に悪影響を与えてしまいます。ストレス状態が長くなると、子宮収縮や血流悪化による影響で栄養不足となり、低体重児や早産のリスクが高まります。流産が起こりやすいのは妊娠初期ですが、妊娠中期に起こる後期流産のリスクもあります。後期流産の原因のひとつとなるのが、過度のストレスや運動です。身体的負担の大きい業務は、ストレスから後期流産を引き起こす可能性があるので注意しなければなりません。妊娠中のストレスが胎児の神経発達に影響を及ぼし、産まれてきた赤ちゃんが情緒不安定になることもあります。妊娠中のストレスについてあまり心配するとそのことがストレスになってしまうので、毎日の暮らしの中でストレスをできるだけ減らすよう心がけましょう。

ストレスを解消する方法

ストレスを感じたら、まずはゆっくりと深呼吸してみましょう。呼吸を整えると、心が少し落ち着くことに気づくかもしれません。妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを思うあまりに小さな問題が気になってしまうことがあります。周囲の人にもう少し配慮してもらいたいと感じる時もありますが、周囲に完璧な対応を求めていないか自問してみることも大切です。ストレス解消に大きく役立つことといえば睡眠です。妊娠中は疲れやすくなるため、睡眠時間は十分に確保しましょう。家事は完璧を目指さず、夫婦で分担するなど工夫しながら負担を軽くしていきましょう。軽い散歩や気心の知れた友人とのおしゃべりもストレス解消になります。趣味の時間を作って没頭してみるのもおすすめです。何よりも、一緒に親となるパートナーとのコミュニケーションを大切にしましょう。家庭が安心して穏やかに過ごせる場所になれば、毎日の終わりにストレスから自分を解放することができます。妊婦のストレスを発散させる方法については、以下の記事が参考になります。

妊娠したときの働き方を知りたい人へ

  • 妊婦さんでも勤務できる? 妊婦さんでも勤務できる?
    介護士は妊娠しても勤務を続けることができる

    介護士として働いている人には女性が多く、妊娠・出産と仕事をどのように両立するかが悩みの種になります。妊娠中でも介護士の仕事を続けることは可能ですが、移乗や入浴の介助、夜勤など身体的負担が大きい業務は外してもらう必要があります。妊娠が医師の診断によって確定したら、遅くなりすぎないタイミングで職場の直属の上司に報告し、同僚への報告のタイミングや産前産後の配慮のお願いなど、今後のことについて相談しましょう。

    この記事の続きを読む
介護士が妊娠したらいつまで働ける?

妊娠しても介護士の仕事を続けるために、知っておくと役に立つことを紹介するサイトです。【お問い合わせ用メールフォーム】